《結婚 or not?》見えないものが見える人

結婚相手選びのヒント

レストラン編・第1話は、この質問からスタート

本当に、この人でいいの?――「結婚」を意識するほど大きくなる、こんな迷いに答えていく当シリーズ。その第一弾はレストラン編です。

まずは「こんな人だったら間違いがない!」という話から始めましょう。

結婚相手選びのヒントになる質問「この一皿に、何人が関わっているのでしょうか?」

Q:いま目の前にある一皿の料理に、いったい何人の人間がかかわっているのでしょうか?

ちょっと考えてみてください。

町の小さな食堂なら、おじちゃん・おばちゃん・アルバイトの3名?

レストランなら、キッチンスタッフ・サービス(ホール)スタッフ・洗い場さんなどを合わせて10名くらい?

いや、正解は「その10万倍!」

食材を納入してくれる卸業者、海外から食材を買い付ける商社や輸入業者、生産を担う農家や酪農家、さらに農業機械を作るメーカーやその原料を納入する鉄鋼業者、鉄鉱石を掘る鉱山労働者など……

レストランの店頭では見えないつながりを考え合わせていくと、1皿の料理におおむね100万人が関わっていることになります。

それを、たいした待ち時間もなく、時給程度の金額で食べられるんですから、いまの世の中の仕組みはすごいですね。

こんなお相手がいたら、宝くじに当たったようなもの

デートで食事に行ったら、お相手に同じ質問 ~「この一皿に何人が関わっているのか?」~ をしてみてください。

あなたが種明かしをしたときに、お相手が 感謝 の表情を浮かべながら、ありがたく食事をいただくようなら……結婚しても間違いはありません。こんな方と共に人生を歩めば、しあわせで楽しく、いつも喜びに包まれます。

加えて、感謝の言葉を素直に口にできるような人だったら、宝くじに当たったようなものです。

例えば、レストランでウエイトレスの名札をちらっと見て……「〇〇さん、ありがとう。おかげで今日は楽しく食事できます。それにしても、この料理は美味しいですね。食材への愛情が伝わってきます。シェフにもよろしくお伝えください」なんて言えたら最高ですね。

ウエイトレスさんはうれしくなって、サービスのレベルが自然と上がるでしょう。あなたたちの「感謝の言葉」が、彼女の才能を一段と引き出したわけです。その結果、あなたたちもいっそう楽しい時間を過ごせるのです。

シェフにも感謝の言葉が伝わりますから、「わかってくれる人がいるんだ」とうれしくなって、「もっと美味しい料理を作ろう」というモチベーションが高まります。帰り際に手が空いていれば、誇らしげな笑顔でご挨拶に来てくださるかもしれません。

こうして、あなたたちが食事に行くほど素敵なレストランが増え、あなたたちにも多くの喜びが返ってくる。これほどワクワクすることはありませんよね。

私が出会った成功者たちは、こんなふうにレストラン遊びを楽しんでいるんです。

成功し続ける人が忘れないのは〇〇の気持ち

長年にわたって、数多くの経営者に接してきた私の経験を振り返ると、成功し続けている人は「見えないもの」が見え、見えないものにも「感謝」しています。

大きなビジネスになるほど、膨大なつながりと多くの人が必要になります。こうした「」に感謝できる人ほど、ビジネスパートナーの才能を引き出し、より良い仕事を成し遂げられるのです。それに伴って、当然、経済的な見返りも大きくなります。

もし、こうした「人間としての器」がでかい人が、あなたの結婚披露宴でスピーチしてくれたら……あなた方やご両親、同僚や友人だけでなく、式場のスタッフ(料理を運んでくれるウエイターやウエイトレスなど)にまで、感謝の言葉をかけてくれるでしょう。

一般的な来賓には「見えているけど 見えていない」、でも披露宴にはなくてはならない「裏方のスタッフ」たちをねぎらってこそ、その場の空気がいっそう愛に包まれ、一生の思い出に残る宴になるのです。

もし「そんなお相手がいない」というなら、あなた自身が「見えないもの」に思いをめぐらせ、率先して「ありがとう」という人になってください。

そうしたら素晴らしい人が近づいてきて、結婚相手に困ることはなくなります。

まとめ……お相手選びのヒント:レストラン編その1

  • 一皿の料理の背景には膨大な「縁」があります。
  • そんな縁に気付き、感謝できる人なら、結婚しても間違いはありません。
  • あなたが率先して感謝すれば、良縁に恵まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA